マネ子のちょきんばこ

元浪費家主婦が、がんばりすぎない節約とお金の貯まる仕組みを試行錯誤しながら年間200万貯金に挑戦しています。

貯金の目標が決まったら貯金手段を考える

スポンサーリンク

f:id:mkawb:20180906105103p:image家計管理を始めた頃の私は、

どんどん我慢して節約したらどんどん貯金できる!ただただ貯金を増やしとけば何かあった時でも安心でしょ!

…と、ただ漠然と節約に勤しんでいましたが、元浪費家の私は我慢することでストレスを感じてリバウンドを繰り返し全然貯金できませんでした。

 

 

そこでひたすらお金の研究…

気づいたことは自分には貯金の目標が無いということ🤔

 

何かを成し遂げるには、具体的な目標がないと上手くはいかないものです。

  • どうして貯金したいのか?
  • いくら貯金したいのか?

節約・貯金を上手く成功させるために、まずは貯金の目標を明確に設定しました。

 具体的な目標設定の様子は☟こちらをご覧ください。

 

mkawb.hatenablog.com

 

長期目標(40年後)は 

お金の心配ゼロで夫と仲良く老後を楽しむことができること

 

そのための短期目標(1~5年後)は

節約、ポイ活、投資を駆使して毎年200万円貯金を達成すること

 

では、その目標を達成するにはどのような手段を使えば上手くいくのだろうか?

いろんな節約方法や貯金方法がある中から自分に合った方法を考え、書き出していきました。

 

 

 

⭐️目標達成のための手段

  1. 家計簿をつけて何にいくらのお金を使っているのかを把握する
  2. 固定費と変動費を明確にする
  3. 固定費の見直し
  4. 先取り貯金の計画
  5. 収入・資産を増やす方法を探してみる 

 

 

1、家計簿をつけて何にいくらのお金を使っているかを把握

 家計簿は何にいくらのお金を使っているかを把握するためだけなので、アプリなどで簡単に入力すればOK。私は細かく付けるのが面倒で、10の位は四捨五入して100円単位で入力しています。

家計改善をしたいなら、まずは家計の見える化を図ること‼これをしなければ、何も始まらないので多少面倒でも半年~1年間分のデータはあった方が良いと思います。

 

2、固定費と変動費を明確にする

家計簿でざっくりと収支を把握できたら、固定費と変動費に区別します。

 

我が家の場合は…

⭐️固定費

  • 住宅ローン
  • 光熱費
  • 保険料
  • 自動車保険料の積み立て
  • 冠婚葬祭用の積み立て
  • 奨学金
  • 通信費(ネット代、携帯代)
  • お小遣い 

⭐️変動費

  • 食費
  • 日用品費
  • ペットにかかるお金
  • 娯楽費(外食費を含む)
  • 特別費(プレゼント代など)
 

3、固定費の見直し

固定費が決まったら、固定費を見直します。

固定費が高いままだと、変動費をいかにやりくりしようとしても結局リバウンドが起きてしまう…。(☜以前の私が失敗した部分…)

しっかりと固定費を見直すことで毎月の支出をかなり抑えることができ、外食や遊びなどの日々の楽しみを多少は我慢しなくても良くなります。

 

今の段階で、見直しできた固定費は、

  • 電気代
  • 携帯を格安SIMに乗り換える

 

電気代は、電力会社の乗り換えを検討したのですがシミュレーションの結果、現状が1番お得だったので変わらず。

 

携帯会社は、夫はソフトバンクから、私はauからそれぞれマイネオに乗り換え。

すると年間で5~6万円の節約に成功しました! 

 

今後は曖昧になっている夫と私の保険について、もっと見直しをしていきたいです。

 

4、先取り貯金の計画

私たち夫婦の長期目標のために必要な資金は、下記の4つです。

  • 老後資金
  • 教育資金
  • ペット貯金
  • 生活防衛費(※)

(※働けなくなり収入が無くなった時のためのお金や臨時出費に対応するためのお金)

それぞれ目的別に貯める講座を分けて保管しています。

  • 給与支給+生活費・クレカ引落し → 銀行①
  • 老後資金+教育資金 → 銀行②
  • ペット貯金 → 銀行③
  • 生活防衛費 → 銀行④

目的別に区分することで、貯金達成状況がわかりやすくしています。

 

私の先取り貯金の方法は以下の通りです。

毎月、月末に全部の銀行を回り、できるだけ銀行に行く回数は月に1回になるようにしています。(…面倒だし、ガソリン代を少しでも節約するために)

  1. 銀行①で、口座残額を25万円残してあとは全て引き出す。
  2. 引き出したお金から、生活費(1カ月の変動費分)を抜く。
  3. 2の残りのお金を、銀行③に1~2万、銀行④に1~5万を入金し、残金は全て銀行②へ入金する。

夫の残業によって収入が大きく変わるので、先取り貯金額は明確には決めていないのですが、とりあえず毎月の固定費分+αを銀行①に残してあとは全て貯金に回すようにしています。

 

5、収入・資産を増やす方法を探してみる

私は扶養内パート勤務です。

20代子なし夫婦で稼ぎ時なのですが、いろんな理由からパート勤務で夫に甘えさせてもらっています。子どもができたらフルタイム勤務を検討するかもしれませんが、当分はパート勤務を続けていく予定。

 

我が家のお金が貯まる仕組みがやっと少しずつ形になってきたので、私がパート勤務のままでもさらに収入・資産を増やすにはどうすれば良いか?

考えて、調べて見つけたのが、ポイ活投資です。

 

ポイ活については、以下の記事をご覧ください。ポイ活を始めたことで、毎月+1~2万円の副収入が入るようになり貯金に大きく貢献してくれています。

mkawb.hatenablog.com

 

投資は、以前から興味はあったのですがなかなか動き出せないでいました。

ポイ活を始めて毎月副収入が入るようになり、ポイ活収入の一部を少しずつ積立投資に回していけるようになりました。

私は楽天証券の積立NISA口座で、毎日少額をコツコツ積立ています。

もちろん投資なので元金を下回ることはありますが、長期保有していくことと、もともと存在しなかった副収入での投資ということもあり、いくらか気が楽です。

投資については、またいつか詳しく記事にしていきたいと思っています。

 

まとめ

以上、1~5の手順が我が家の年間200万円を貯めるための仕組みです。

まだまだ整備途中の部分もありますが…。完成したら必ず毎年200万貯金が達成できると思っています。

 

家計改善中の方、家計改善を考えている方、ぜひ一緒に頑張っていきましょう‼

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ
にほんブログ村

 ☝いつもブログをご覧いただきありがとうございます‼良かったらポチっとお願いいたします‼