マネ子のちょきんばこ

元浪費家主婦が、がんばりすぎない節約とお金の貯まる仕組みを試行錯誤しながら年間200万貯金に挑戦しています。

子なしのメリット・デメリットを徹底検証!不妊で子なし夫婦でも幸せになれるのか?

スポンサーリンク

f:id:mkawb:20181112130139p:plain

私たちマネ子家夫婦は、不妊で子なしです。

子なしのメリット・デメリットを検証してみました。

結婚3年目。

2年以上子どもを授かることはなく、プチうつ状態に陥って夫にとても迷惑をかけてしまったことがあります。

もっと長年不妊で悩んでる方にとってはたった2年で何言ってるの?って感じでしょうが…。

 

ちなみに不妊治療は、資金面でも精神面でも耐えられそうになかったので早々に辞めてしまいました。 

 

今は諦めの気持ちが半分、もしかしたらいつかは…という期待の気持ちが半分で落ち着いているよ。子なしの今を思いっきり楽しんでいきたいな。

そんなことを思っていたら、最近、子持ちの友人と選択子なしの友人とで話す機会がありました。

せっかくなので、それぞれの立場から子なしについてインタビューしてみることに。

子持ち選択子なし不妊子なしのそれぞれの意見を元に子なしのメリット・デメリットについてまとめてみたので、どなたかの参考になれば嬉しいです。

※あくまでも個人的な意見です。偏見もあるかもしれませんが、ご了承ください。

 

 

不妊とは?

そもそも不妊とは、健康な男女が妊娠を希望して避妊をしないで「一定期間」夫婦生活を行なっても妊娠しない状態のことを言います。

この自然妊娠しない「一定期間」の目安は1年です。

不妊の原因は男女1:1の割合で、様々な原因が絡んで起こってしまうことが多いのです。

不妊の原因は子どもを産む女性だけの問題ではないんだよね。 

 

子なしとは?

子どものいない夫婦のことを最近では「子なし」という言葉で説明されています。

選択子なし不妊子なしの夫婦に分けられます。

 

選択子なし

身体的、経済的にも何の問題もないが、子どもを産みたくない、ほしくないという理由で、自ら子どもを持たないという選択をした夫婦のこと。

子どもが苦手、ママ友のような人間関係が苦手、自分のことで手いっぱい、子の人生に責任を持ちたくない…など様々な理由で子なしを選択される方も多いようです。

マネ男くんはこっちの考え方も持ってるよね。私も実はあんまり子ども好きじゃないし、人付き合いも苦手なんだけど、子どもを産み育ててみたいって気持ちが強くなっちゃったんだよね。

 

不妊子なし

不妊という身体的な問題から、子どもを産めない、持てない状態の夫婦のこと

私たち夫婦はこの「不妊子なし」です。改めて文章で説明すると、どうしても不幸な夫婦に見えちゃうね…。

 

子どもを持たないメリット・デメリット

子どもを持たない人生って、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

自ら子どもを持たないことを選択した選択子なしなのか、不妊でやむなく子どもを持てなかった不妊子なしなのかで大きく異なる面もあるかとは思いますが、友人達の意見、私個人の私見とをまとめました。

※ちなみに女性の意見です。

 

子なしのメリット・デメリット〜身体面〜

まずは身体的特徴について。

子どもを妊娠・出産することで女性の体には大きな変化が起こります。

出産後は骨盤が大きく広がり、下腹が出て痩せにくい体になったり、妊娠線や抜け毛に悩まされたり…。

体質や体型が変わってしまう人がほとんどです。

女性としては特に気になる部分ですね。

 

子どもを産まないことによる身体面のメリット

  • 妊娠・出産による体型や体質の変化がない
  • 妊娠・出産による痛みを経験しなくて済む
  • 思いっきりオシャレを楽しむことができる

子どもを産まないことによる身体面のデメリット

  • 特になし

 

子なしのメリット・デメリット〜心理面〜

心理面に関しては人によって大きく違うかと思います。

選択子なしか不妊子なしなのかでも全く違う意見でした。

 

子どもを持たないことによる心理面のメリット

  • 妊娠後、無事に出産まで到達できるのかという不安がない
  • 育児による不安、焦り等の負担がない
  • 子の人生に責任を持たなくていい

子どもを持たないことによる心理面のデメリット

  • (選択子なし)特になし
  • (不妊子なし)子どもを産みたくても、産めないという心理的負担は計り知れない

 

子なしのメリット・デメリット〜活動面〜

子どもがいることで大人だけでは経験できない様々なことが起こる一方で、身軽に活動することが制限されてしまうことも多いかと思います。

活動面に関しては、子なしの方がメリットが大きいのではないかと私は思います。

子なしは何と言っても自由だよね!乳幼児を持つ友人は授乳・オムツ替えのタイミングや場所の確保で外出がとても億劫になると言ってたよ。

 

子どもを持たないことによる活動面のメリット

  • 時間、場所、人を気にせず自由に過ごすことができる
  • 自分1人の時間を満喫できる
  • 時間的余裕を持って生活できる

子どもを持たないことによる活動面のデメリット

  • 大人だけでは出かけることのない場所やイベントは経験できない
  • (不妊子なし)子連れの多い場所は心理的負担が大きい場合がある

 

子なしのメリット・デメリット〜社会参加面〜

子どもを持つことで、保育園や幼稚園、学校、ママ友、PTA…など、様々なコミュニティに参加することが増えてきます。

人付き合いが好きな方にとっては何の苦にもならないかもしれませんね。

 

また、子持ち・子なしでそれぞれ立場が違うと話題も異なってくるので年を重ねるごとに自然と交友関係に変化が出てきます。

これは女性に多い特徴かもしれませんね。

 

働いている子なし女性は「子なしハラスメント」に悩まされることもあるかもしれません。

子なしハラスメント」とは、子どものいない人を不快にさせる言動のこと。

「子どもの作り方知ってるの?」などの発言や子なしに残業などの業務負担を負わせる行動など様々です。

職場に多いと言われますが、私は親戚の間でも受けたことがあります。

 

子どもを持たないことによる社会参加面のメリット

  • 面倒な人間関係に巻き込まれることなく過ごせる

子どもを持たないことによる社会参加面のデメリット

  • 子持ちの友人との交流が減っていく
  • 子なしハラスメントに悩まされる可能性がある

 

子なしのメリット・デメリット〜経済面〜

子どもを産み育てる上で必要不可欠なのが、お金。

妊娠が発覚した直後から、お金は必要になってきます。

出産費用、乳幼児期にかかるお金、生活費、学費、習い事…。

子ども1人を成人させるまでにかかるお金は約1千万円とも言われていますね。

子育て費用に関することは、こちらに詳しくまとめたので良かったらご覧ください。

www.maneko200.net

 

子どもを持たないことによる経済面のメリット

  • 子どもを産み育てるために必死にお金を工面する必要がない
  • 子どもにお金がかからない分、余暇に回して余裕のある生活を送ることができる

子どもを持たないことによる経済面のデメリット

  • 老後の面倒を見てくれる人がいない

子なしは老後が心配と言われることがよくありますが、もしも子どもがいたとしても老後に必ずしも面倒を見てくれるとは限らないので、私はコレに関してはあまり気にしていません。子持ちでも子なしでも老後資金はしっかりと準備しておかないといけないということですね。

 

子なしのメリット・デメリット〜夫婦の関係〜

子持ちの友人の話の中で、1番興味深かったのがコレ。

夫との関係性は子を産む前と後では大きく変わってしまったそう。

仲が良かったのに、育児で忙しくてイライラして喧嘩は増え、2人の時間は全く無くなったと言っていました。

産後クライシス」という言葉が流行るほど、産後の夫婦関係は大きく変わるようですね。

その点、子なしはいつまでも新婚のようなラブラブな関係でいられるので夫との関係は良好な夫婦が多いように思います。

 

一方で、「子はかすがい」ということわざもあるように、子持ちよりも子なしの方が離婚率は高いようです。

特に共働きでお互いに自立している子なし夫婦に多いようですね。

 

子どもを持たないことによる夫婦関係のメリット

  • ずっと新婚のようなラブラブな関係でいられる
  • 子どもに関することで揉めることがない
  • 子どもを気にすることなくお互いの趣味に没頭でき、お互いを尊重し合うことができる

子どもを持たないことによる夫婦関係のデメリット

  • 夫婦を繋ぎ止める子どもがいないため、離婚を思い留まる要素が少ない

 

まとめ〜不妊で子なしでも幸せなのか?〜

長々と書いてしまいましたが、このように子持ちと子なしの特徴をまとめることで考え方も少し変えることができました。

私たち夫婦は不妊で子なしだけど、決して不幸なんかではないのです。

自由が多くてお金にも時間にも余裕があって仲良しで…今がとっても楽しい時期なのです。

子持ちには子持ちの、子なしには子なしのそれぞれの幸せがある。

人生楽しんだもの勝ちってことですね。

今後も子なしを楽しんで暮らしていけたらいいな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキングに参加中です↑クリックして応援お願いします。