マネ子のちょきんばこ

元浪費家主婦が、がんばりすぎない節約とお金の貯まる仕組みを試行錯誤しながら年間200万貯金に挑戦しています。

生理カップは女性の新必需品⁈純国産ローズカップの節約効果を徹底解説

スポンサーリンク

f:id:mkawb:20181206122139p:plain

女性の皆さん、生理カップ(月経カップ)ってご存知ですか?

マネ子は最近、女性の必需品である紙ナプキンを断捨離しました。もちろん妊娠したわけでも、生理が止まったわけでもありません。生理カップ(月経カップ)という素晴らしい物に出会えたからです。日本ではまだまだ一般的ではなく海外製の商品ばかりでしたが、純国産の日本製の生理カップ(月経カップ)を見つけてすぐに購入してしまいました。

 

  

使い心地も良いし、なによりかなりの節約に繋がったんだよ。毎月とっても辛くて憂鬱になる生理だけど、生理カップ(月経カップ)のおかげで快適に前向きに過ごすことができるようになってきました。

今回は生理カップ(月経カップ)についてご紹介していきます。男性の方もぜひ奥様や彼女さんに教えてあげてくださいね。

 

※衛生用品ですので、ご使用は自己責任でお願いいたします。こちらの記事は個人の感想も含まれています。あくまでも参考程度にご覧ください。

 

 

生理カップ(月経カップ)とは?

生理カップ(月経カップ)とは

1930年代から海外で普及し始め、現在では一般的な生理用品の1つとなっています。膣内に医療用のシリコン製カップを挿入してカップ内に経血を一定時間溜め、捨てるを繰り返して使用します。日本でも徐々に普及し始めているところ。

生理カップ(月経カップ)の最大の特徴は、①繰り返し使用できることと②ナプキンやタンポン等よりも長い時間入れっぱなしにできることです。

f:id:mkawb:20181206105736j:image

 

①繰り返し使用できる

生理カップ(月経カップ)は、正しく使用すればなんと最長で10〜12年も使い続けることができます(カップの種類にもよる)。毎月生理用品を買いに行く手間が省けるし、コスパがとても良いのです。

 

②長時間入れっぱなしでOK

生理カップ(月経カップ)は、ナプキンやタンポンのように頻繁に交換しなくてはいけないものではありません。私の場合は、多い日でも4〜6時間、少ない日で8〜9時間近く入れっぱなしです。むしろあまり頻繁に出し入れするよりも衛生的だと思います。

 

使用してみた感想

メリット

  • 紙ナプキン特有のジメジメ感が無くて開放的。
  • コスパがかなり良い!節約効果は絶大。
  • 頻繁に交換する必要がなく、長時間放置できる。
  • ナプキンを購入する手間がなくなった。
  • ナプキン購入時にレジが男性店員だった時のお互いの変な気まずさから解放された。
  • ゴミの量が激減した。
  • ゴミを捨てる手間がなくなった。
  • 憂鬱な生理期間が快適に過ごせるようになり、前向きになれた。

デメリット

  • 慣れるまでは、挿入時・取り出し時共に手こずる。
  • 消毒が面倒。

トータルで生理カップ(月経カップ)には大満足だよ。

 

生理カップ(月経カップ)の使い方

生理カップ(月経カップ)各部の名称

こちらは純国産の日本製生理カップ(月経カップ)のROSE CUP(ローズカップ)です。

f:id:mkawb:20181206085011j:image

生理カップ(月経カップ)には様々な種類がありますが、基本的には同じような構造をしています。

 

使用前の準備

衛生的に安全に使うために必ず行いましょう。煮沸消毒は手間に感じるかもしれませんが、慣れればどうってことないですよ。

  1. 空気穴がきちんと開いているかをチェックする
  2. 使用前に煮沸消毒をする
  3. 挿入前に手指を清潔にする

 

挿入方法

  • U字型

f:id:mkawb:20181206101639p:image

  • つぼみ型

f:id:mkawb:20181206101706p:image

ご自身の体に合う挿入方法を試してみてくださいね。最初は難しいかもしれませんが、慣れたら簡単ですよ。

 

 

 

生理カップ(月経カップ)のお手入れ方法

生理(月経)期間終了後から次回の生理まで適切な状態で衛生的に保管することが安全に長く使い続けられる絶対条件です。

  1. カップを水やぬるま湯で優しく伸ばすように洗い流す。※全ての空気穴につまりがないか確認しましょう。
  2. 刺激の少ない無香料石鹸を使用して洗う。
  3. 煮沸消毒する。
  4. カップが完全にキレイになったら、十分に空気乾燥させてケース等に入れて保管する。

最近では、電子レンジで手軽に煮沸消毒できる専用のケースも売られています。

私は使わなくなった小さめの鍋(ミルクパン)で10分間ほど煮沸消毒しています。カップが鍋のふちに付かないように使い捨ての割り箸などでつつきながら煮ています。

鍋は100円均一等でも売ってるものでかまわないと思いますよ。煮沸消毒時は火傷に注意してくださいね。

 

生理カップ(月経カップ)の安全性

痛みはあるの?

慣れないうちは、挿入時に多少の痛みはあるかもしれません。入ってしまえば、全く気にならないです。

 

何時間も入れっぱなしで衛生面は大丈夫?

きちんと使用方法を守って、消毒を行えば大丈夫です。紙ナプキンでも交換をしないとかぶれや感染症が起きるように、生理カップ(月経カップ)でも消毒を怠ると病気の原因になります。また、入れっぱなしでOKだからと言って規定の時間を超えた使用は危険ですので注意してください。

生理カップに限らず、使用方法は必ず正しく守って使うことが大切だよね。

 

ぶっちゃけ漏れないの?

使い始めで慣れない頃は、膣内で上手くカップが開いておらず漏れてしまったことがあります。慣れてカップが開く感覚がわかるようになると大丈夫でした。また、生理2〜3日目の経血量が多い時は長時間放置していると溢れて漏れることがあるので、ナプキンを併用しています。

紙ナプキンではなく布ナプキンを使うとゴミの量も減らせるし、繰り返し使えるから節約にもなるね。

 

取り出せなくなることはないの?

説明書通りの正しい使い方をしていれば、まず無いと思います。取り出す時は排便時のようにいきむことでカップが下に下がってくるので、カップのステムをつまんで引き抜きます。※この時、爪で膣壁やカップを傷つけないように注意です。

リラックスしてやるのがコツですよ!慣れるまでは取り出す時はお風呂場でやった方が無難です。

※もしも、どうしても取り出せないという異常事態が起きてしまったらパニックにならずに冷静に対処しましょう。自力では難しい場合は婦人科に相談してください。

 

トキシックショック症候群(TSS)は大丈夫?

トキシックショック症候群(TSS)とは、黄色ブドウ球菌の発生する毒素が原因で起こる急性疾患。発症した人の約半数が生理用品のタンポンを使用したことによるものとされています。症状は、発疹・発赤・嘔吐・下痢・粘膜充血など。重篤な場合は命の危険性もある恐ろしい疾患です。

生理カップ(月経カップ)はこのトキシックショック症候群を引き起こす危険性は極めて低いとされています。重要なのは、規定の時間を超えて過度に長時間入れっぱなしにしないこと、取り出したら必ず清潔にしてから再挿入すること、消毒を怠らないことです。

トキシックショック症候群に限らず、感染症を予防する上でも清潔を保って正しく使用しましょうね。

 

生理カップ(月経カップ)装着中のトイレはどうするの?

問題なく、通常通り用を足すことが可能です。タンポンだと、ひもが汚れそうで気になって外してしまう方もいるかもしれませんが、生理カップ(月経カップ)は膣内の奥に入っているので何の問題もありません。

 

トイレでカップ内の経血を捨てる時は、アルコール成分の入ったウェットティッシュ等でカップ内部を拭いてから再挿入すると衛生的です。可能なら水道水で内部を洗浄してからの再挿入が理想ですが、外出先では難しいかもしれませんね。アルコールのウェットティッシュを持ち歩いておくと便利ですよ。また、外出先での交換用に生理カップ(月経カップ)を2〜3個持ち歩くのも良いですよ。

私は取り替え用に2個持ちしているよ。

 

生理カップ(月経カップ)のコスパは?

現在日本で一般的な生理用品である紙ナプキンを使う場合、毎月平均で600円程度と言われています。一方で、生理カップ(月経カップ)はおよそ4,000〜6,000円代のものが多いです。正しく使えば10年近く繰り返し使用できるものがほとんど。

仮に、紙ナプキンを10年間買い続けた場合と生理カップ(月経カップ)を10年間繰り返し使用した場合で比較してみました。

  • 紙ナプキン : 600円×12ヶ月=7,200円×10年間=72,000円
  • 生理カップ : 4,000〜6,000円

かなりの節約になりますね!というか、生理用品にこんなにお金がかかっていたなんてビックリ!生理カップなら1年で元が取れちゃうよ。たとえ10年使えなくても節約効果は大きいね。

コストパフォーマンスはかなり良いと言えるでしょう。

 

純国産!日本製の生理カップ(月経カップ)をご紹介

純国産の日本製生理カップ(月経カップ)であるROSE CUP(ローズカップ)。日本ではまだまだ海外製品が主流の中で、唯一の日本製です。日本人の体型に合わせたサイズ感でとても使いやすいです。メイドインジャパンは最強ですね。

 

↑上のリンクから購入できます。

一つだけ不満なのは、カラーがピンクしかないこと。海外製品のようなカラーバリエーション豊かでかわいいデザインが今後増えることを期待しています。

 

まとめ

女性にとって本当に不快で憂鬱な生理期間。生理カップ(月経カップ)を使い始めてとっても快適で前向きに過ごせるようになりました。また、絶対に節約できないと思っていた生理用品費。紙ナプキンの断捨離で体にもお財布にも地球にも優しい節約ができました。

今後、日本人女性の新たな必需品になること間違いなしです。

 

↑こちらのリンクから購入できます。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキングに参加中です↑クリックして応援お願いします。