啐啄そったくまえだ|予約必須のこだわり満載の隠れ家的焼き鳥屋

今回は、広島市の安佐南区にある予約必須のこだわり満載な隠れ家的焼き鳥屋さん「啐啄(そったく)まえだ」をレポートします。

https://www.maneko200.net/wp-content/uploads/2019/11/mesi.pngめしごろう

お店の佇まいがとても高級そうで、気にはなっていたけどなかなか行けなかったんだよね~。

「啐啄(そったく)まえだ」ってどんなお店?

啐啄(そったく)まえだ

広島市安佐南区山本にある隠れ家的焼き鳥屋さん「啐啄まえだ」。

「啐啄」は、「そったく」と読みます。

パッと見、お金持ちの純和風の家のような外観。

啐啄(そったく)に初めて行かれる方は迷ってしまうかもしれません。

見た目も味も店主のこだわりがいっぱい詰まった、少しリッチなやきとり屋さんです。

交通アクセス

広島駅から電車で行く場合

広島駅から電車で行く場合は、JR可部線に乗り安芸長束駅で下車。

山本川方面に行き、川沿いを祇園方面に10~15分程度歩いた所にあります。

車で行く場合

駐車場は、3台まで停めることができます。

営業時間・店休日・予約・支払方法

営業時間

17:30~24:00

店休日

第三火曜日

※営業時間は変更になる可能性がありますので、来店前に直接電話でご確認お願いします。

予約

「啐啄(そったく)まえだ」は予約が必須!

飛び入りでの来店は、ほぼ入れないと思っていた方が良いでしょう。

来店前は、お店に電話で確認することを強くオススメします。

当日の来店では、電話をしても入れないことも多いです。

支払方法

現金、クレジットカード払いが可能です。

店内・接客

「啐啄(そったく)まえだ」の外観は、高級感が溢れる日本料亭のような上品な印象。

そったくまえだの外観

お店は正面の歩道よりも少し下がった所にあり、店の入り口までは階段を下りて向います。

https://www.maneko200.net/wp-content/uploads/2019/11/mesi.pngめしごろう

お店の外観から「こだわり」がうかがえるね!

店内はカウンター席とテーブル席、個室があり、全部で29席あります。

清潔感があり、トイレもきれい。

お店の方の接客も丁寧でとても気持ちの良いものでした。

メニュー・値段・味

メニューは、「おまかせコース」と「お好みコース」があります。

おまかせコースは、その日の新鮮な食材を使った40種類の串が用意されており、串1本から始まってお客さんが「終わり」を告げるまで店主のこだわりの料理が出てきます。

お好みコースは、自分の好みのメニューを串1本から注文できます。

豚キムチと鶏皮のやきとり

●豚キムチ巻き(左):よくある「豚バラシソ巻き」の豚キムチバージョン。

●鶏皮(右):柔らかくて安定の美味しさ。

砂肝とぼんじりのやきとり

●砂ずり(左):歯ごたえ抜群!噛むとじゅわっと味が染み出ます。

●ぼんじり(右):ぷりっぷりでジューシー!

鶏手羽のやきとり

●手羽:皮はパリッパリ!身はふっくら!

鶏肝のやきとり

●肝:ぷりっぷりで柔らかい!臭みが無くて食べやすかったです。

厚揚げのやきとり

●厚揚げ:外側はカリカリで醤油が沁みてて抜群の美味しさ。

鶏のたたき

●鶏のタタキ:新鮮なピンク色。ゆず胡椒がとても合いました。

https://www.maneko200.net/wp-content/uploads/2019/11/mesi.pngめしごろう

新鮮な食材を使っていて、もちろん味は最高に美味しいものばかり!特別な日のちょっとした贅沢として利用したいね。

啐啄(そったく)まえだ|まとめ

店主のこだわりがたくさん詰まった、少し高級な焼鳥屋さん「啐啄(そったく)まえだ」。

目でも舌でもとても満足できちゃいます。

ぜひ「啐啄(そったく)まえだ」へ足を運んでみてくださいね。

ここをクリック

ブログランキング・にほんブログ村へ

https://www.maneko200.net/wp-content/uploads/2019/11/mesi.pngめしごろう

ブログランキングに参加中です。

この記事が参考になった・面白かったと感じたら、上のボタンをクリックして応援してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です